不登校ブログ

不登校からの進学先はどうする?

    不登校からの進路・進学先あります!

    不登校の子の親御さんの悩みの中で最も多いのが「進路」についてです。

    「義務教育の後、高校に進学はできるのか」
    「大学進学を諦めたくない。方法はあるのか」

    など、不登校の進路や、将来に関する悩みはつきませんよね。

    小学校・中学校で不登校を経験していても、高校や大学へ進学する方法はいくつもあります。また、スクールIE吉成校からも進学した子ども達もたくさんいるので安心してください。

    今回は、進路選択の可能性や、その選び方について情報をお伝えしますので、もっと具体的に相談したいなどございましたら、ぜひスクールIE吉成校へご連絡ください。ご相談は無料です。

     

    進路は情報収集と相談がキーポイント!

    現在不登校中のご家庭や、不登校気味のご家庭では、義務教育までなんとか進級できたとしても、高校に進学できるのだろうか…という不安の渦中に居るのではないでしょうか。

    子どもと進路の話をしたくても、とてもそんな状況ではない。むしろ進路の話題を出したことによって、親子関係が悪化する可能性さえあります。そんな時だからこそ、子どもの心のエネルギーが充足し、進路について考える気持ちが出てきたときに備えておくことは大切です。

    まずは進路先・進学先の情報収集から!

     
     

    中学校の先生の中には、不登校のご家庭に対して、進路に関する声掛けへ慎重になる場合があります。と言うのも、生徒を心理的に追い詰めてしまう可能性があるのではないかという懸念からです。
    保護者の方から積極的に学校へ連絡し、現状や今後の意向を伝えることで、子どもの選択肢を守ることができます。

    また、お子さまが同行できなくても、学校で開催している進路説明会に参加したり、進路指導の内容などを確認することも出来ます。

    中学校には進路指導の担任の先生が必ず在籍しておりますので、

    □以前不登校で進学した生徒はいたのか
    □その子の進路はどうだったのか
    □希望する進学先の教育理念は

    など、情報収集をしてみる事をお勧めします。また、高校進学には多岐にわたる提出書類が必要となりますので、書類に記載する内容に関しても早い段階から確認をしておきましょう。

    中学卒業後すぐに高校進学はできなくても、長い目で見て、その子が学ぼうと思えた時に1番大切なのは、本人の学びたいという気持ちと、楽しんで学べるかということです。

    高校には、「全日制」「定時制」「通信制」という3つの課程があります。

    全日制

    平日の朝から夕方にかけて授業を受けます。

    最近の傾向
    近年では、不登校や発達の特性を持つ子ども達に配慮し、中学卒業時の学力、出席日数が不足していても進学可能な全日制の公立高校が増加しています。希望する高校入学の入試制度に関する情報も取得しておきましょう。

    定時制

    「夜間定時制」「昼間(午前・午後)二部定時制」「三部制(午前・午後・夜間)」があります。自分の生活に合わせた時間を選んで通うことができます。

    オススメポイント!
    朝起きることができない、学校以外にやりたいことがあっても、友人と高校生活を送りたい。そんなお子さんにお勧めなのが定時制高校です。昨今では三部制((午前・午後・夜間)の定時制も多く在り、時間帯を選べたり、また、以前は卒業まで4年間必要でしたが、3年で卒業が出来る高校も増えています。基本的には全ての生徒が通うことができます。
    各自治体から最新情報の取得が可能です。

    通信制

    オススメポイント!
    自分のペースで学習したいお子さまには通信制高校がお勧めです。
    通信制高校には「広域通信制高校(主に私立)」「狭域通信制高校(主に公立)」があり、文部科学省「学校基本調査」によると、2022年の通信制高校に通う生徒の割合は高校生全体の約7.5%、約13人に1人が通信制高校を選んでいます。コロナ禍において、社会全体のデジタル化が進み、全日制のように、学校に通う以外でも、オンラインなどで学びを継続できることが分かってきました。

    授業の方法や、単位の取り方は異なりますが、どの課程の高校を卒業しても得られるのは「高校卒業資格」です。

    高校を卒業するために必要な単位は74単位以上となり、週に1回50分の授業を1年継続で1単位取得となります。この単位をどのように取得するかにより「学年制」と「単位制」に分かれています。学年制は1学年で取得すべき単位数が決まっており、未達成の場合は留年となります。「単位制」は期間の制約がなく、自分のペースで単位を取得できます。

    独自の教育で、個性ある定時制高校や通信制高校も数多くあり、専門学校進学や、就職を手厚くサポートしているところもありますので、卒業後を見据えて進路を検討してみる方法もあります。

    高等専修学校への進学という選択肢

    高等専修学校は、社会に出てすぐに役立つ実践的な職業教育を行い、いろいろな分野でスペシャリストを養成する学校です。高等学校と並ぶ正規の後期中等教育機関として、高等学校の枠に収まらない多様な教育を行っています。

    全国に400校以上あり、美容師や建築士、自動整備士などの資格取得を目的としたコースもあります。将来の職業が具体的に決まっていたり、早く働きたいというお子さんにはお勧めできる進路先です。
    また大学入学資格付与指定校であれば、大学入学資格が得られるので、学び直しにも対応できます。

    YouTube文部科学省公式動画チャンネルでは、専門知識と技能を身に着けることに重点を置いた高等専修学校の魅力を紹介しているので、気になる方はご覧になってみてくださいね。

    他にも、特別支援学校の高等部は、障がいなどを抱えた子どもが通うことができます。コミュニケーションやSST(ソーシャルスキルトレーニング)など、その子の特性に応じて手厚いサポートが受けられます。また、障害者雇用枠などを活用し、就労支援にも強いのが特徴です。

    不登校の進路と進学先

    いかがでしたでしょうか。不登校の渦中にあるご家庭にとって、この先を考えること自体とてもエネルギーのいることです。そんな時は、スクールIE吉成校へ今のお声を聞かせください。必ず、これから先のヒントが見つかるはずです。

      郵便番号

      都道府県

      市区町村

      それ以降の住所

      関連記事

      コメント

      この記事へのトラックバックはありません。

      最近の記事
      おすすめ記事
      1. 不登校中の運動不足を解消して肥満を予防しよう!

      2. 食事からフレイル予防!美味しく食べて元気に過ごそう!

      3. 【2月給食だより】杜のつぐみ保育園節分の献立【食育】

      4. いちごは3月が旬!いちごは美肌と生活習慣病予防に効果あり!

      5. 【児童発達支援・放課後等デイサービス】杜のつぐみ療育園の療育見学体験会で出来ること【参加した子の実体験レポート・仙台・安土】

      1. 不登校中の運動不足を解消して肥満を予防しよう!

      2. 食事からフレイル予防!美味しく食べて元気に過ごそう!

      3. 【2月給食だより】杜のつぐみ保育園節分の献立【食育】

      TOP